1. HOME
  2. 小型液体窒素凍結保存容器
  3. 小型凍結保存容器MVE Cryosystem Series

小型凍結保存容器

MVE Cryosystem Series

MVE CryoSystemシリーズは液体窒素消費量の少なさと中程度のバイアル収納能力を兼ね備えた、
フリーズボックス保存専用の容器です。現代のさまざまな専門ニーズに対応しています。
軽量で場所もあまり取らない経済的な容器です。

お問い合わせ

-150℃以下の極低温で、
安全にサンプルを保管できます。 

MVE CryoShipper (Vapor) Series
 

カタログPDF

お問い合わせ

MVE Cryosystem Seriesの概要

MVE CryoSystemシリーズは液体窒素消費量の少なさと中程度のバイアル収納能力を兼ね備えたフリーズボックス保存専用の容器です、現代のさまざまな専門ニーズに対応しています。軽量で場所もあまり取らない経済的な容器であり、使いやすい凍結保存容器です。

 −構造図

MVE Cryosystem Seriesのメリット

01 液体窒素
消費量が少ない

02 取り回しが
しやすい
軽量容器

03 大口径、フリーズボックス保存専用

MVE Cryosystem Seriesの仕様

※スクロールで表をご覧いただけます。

  Cryosystem
750
Cryosystem
2000
Cryosystem
4000
Cryosystem 
6000
最大保存容量
キャニスター数 6 4 4 6
1.2ml&2mlアンプル数
(100本入りボックス)
- 2000 4000 6000
1.2ml&2mlアンプル数
(25本入りボックス)
750 - - -
ラック毎ボックス数 5 5 10 10
性能
液体窒素容量(L) 47.4 61 121 175
有効容量(L) 45 51 111 150
静止蒸発率(L/日)※1 0.39 0.85 0.99 0.99
再充填期間(満充填)(日)※2 76 38 70 104
容器寸法

ネック口径(mm)

127 216 216 216
全高(mm) 673 692 965 963
外径(mm) 508 559 559 673
空重量(kg) 19 26.3 36.7 46.7
充填重量(kg)※3 57 82.5 136 193

*1:静止蒸発率と静止保存日数は通常の場合の公称値です。
    実際の蒸発率と保存日数は容器の使用状況や設置場所などにより変化します。
*2:再充填期間は通常の使用条件で容器の性能を推定するための参考値です。
  実際の期間は設置条件や使用状況などにより変化します。
*3:充填重量にはキャニスターや保存試料の重量は含みません。

その他製品を見る

CONTACT お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたは
お電話からお寄せください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3734-1125 月曜〜金曜 9:00-17:30 土日祝日を除く